女の人

不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう

通学する意義は大きい

カウンセリング

言語聴覚士になるためには、養成施設と呼ばれる学校に一定期間通学しなければなりません。学校では、国家試験に合格することに加え、同じ目標を持った仲間を作る貴重な場となります。また、学校では、言語聴覚士としての専門スキルに加え、コミュニケーションなどの社会人基礎力を養うこともできます。

ビジネスのプロを目指して

女の人

マネジメントとは組織を管理するスキルのことで、この資格を持っているだけで周囲からの信頼を勝ち取りやすくなります。ちなみに、社会人のように仕事を抱えている場合は、専門学校よりも通信教育を活用して学んだ方が無理なく継続できます。

幼稚園で働くには

保育士と児童

幼稚園教諭は、公立及び私立の幼稚園で教員として働くのに必要な免許です。大学・短大・専門学校の養成課程で学べば一種または二種免許が、さらに大学院を修了すれば専修免許が取得できます。認定こども園で働く場合は保育士の資格も必要です。

勉強法の確立

家の模型

一発合格を目指して

不動産屋さんに必ずいるのが宅地建物取引士、いわゆる宅建士です。不動産の取引には欠かせない資格のため、昔から非常に人気の高い国家資格になっており、受験者数も他の資格に比べてはるかに多くなっています。しかし、難関資格というわけでは決してなく、しっかりと勉強をすれば一発で合格することも不可能ではありません。ただ独学となると、やはりそれなりの勉強法を確立する必要があるでしょう。特に権利関係の科目は難度が高く、その中でも民法にかなり手こずることになるでしょう。テキストを揃えるのは当たり前として、民法に関しては別個に専用の教材を用意したほうが良いかもしれません。どうしても自分で勉強するのが厳しいと思うなら、通信を選ぶのも一つの手です。

満点を目指すことはせずに

他の資格にも言えることですが、独学で宅建合格を目指すなら学習の効率化は絶対必要です。満点を目指すのではなく、苦手なところは取捨選択することも大切です。一つの科目が基準点を超えられそうであれば、他の科目への比重を上げていきましょう。過去問はもちろん必須となっています。ある程度テキストで知識を身につけたら、過去問を繰り返して習熟度を固めていきましょう。宅地建物取引業従事者であれば、5分野の問題が免除されますので、独学で宅建を目指すならまずは実務経験を積むのも良いかもしれません。通信教育は費用がかかりますが、やはり独学よりは合格率が高い傾向にありますので、宅建士資格への近道であるのは間違いありません。

Copyright © 2017 不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう All Rights Reserved.