勉強

不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう

幼稚園で働くには

保育士と児童

免許には3種類ある

幼稚園教諭は、小学校入学前の子供に言葉や表現力、人間関係の構築法などを教える専門職です。保育士とやや似た部分がありますが、保育士が子育ての専門家であるのに対し、幼稚園教諭の方は教育職であるという点に違いがあります。そのため、幼稚園教諭として働くためには教員免許が必要となります。幼稚園教諭の免許には専修・一種・二種の3種類があります。専修は大学院卒・一種は大学卒・二種は大学・短大・専門学校卒にそれぞれ該当します。いずれも養成課程のあるそれぞれの教育機関で学び、必要な単位を修めて卒業すると自動的に免許が与えられます。また、保育士の資格を持ち、保育の現場で3年以上の実務経験を持つ者が資格認定試験に合格した場合は、二種免許が与えられます。

保育士と併用でさらに活躍

実際に幼稚園教諭として働くためには、免許取得後にもう1つ、ハードルを越える必要があります。それは各幼稚園の採用試験です。公立の場合は各市町村が、私立の場合はそれぞれの学校法人等が実施する採用試験に合格することで、初めて幼児教育の現場に身を置くことができます。なお、免許には3種類あると先に述べましたが、仕事の内容自体は種類に関係なく原則として同一です。ただし就職先によっては待遇に差を設けているケースがあります。また、近年は総合的な子育て支援を目的とした認定こども園という施設の普及が進んでいますが、この施設で働くには幼稚園教諭と保育士の両方の資格を持つことが原則となっています。そのため、一部の大学や短大などには一方の資格を持つ者に対する併用促進のためのカリキュラムを設けているところがあります。

Copyright © 2017 不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう All Rights Reserved.