勉強

不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう

通学する意義は大きい

カウンセリング

仲間を作ること

言語聴覚士になるためには大きく2つのルートが準備されています。1つは大卒の方を対象としたルートで、大学や大学院の専攻科に2年間通学する方法です。一方、高卒や短大卒などの場合は、指定された大学や専門学校に、3年間、あるいは4年間通学することになります。このように、言語聴覚士になるためには、指定された学校に一定期間通わなければならず、指定されたカリキュラムをこなさなければなりません。さて、学校に通う目的は、言語聴覚士試験に合格するためだけにあるように思えますが、貴重な仲間を作る点でも大きな意義があります。言語聴覚士として働き始めると仕事が忙しくなるため、病院などの同僚以外との付き合いは少なくなってしまうでしょう。このような場合に、学校で作った仲間たちは、近況報告をし合ったり、学生時代の思い出を振り返ることもできる貴重な存在となりえます。

社会人基礎力も習得

言語聴覚士は1999年にできた医療・福祉分野の専門資格で、まだまだ人材不足であることが指摘されています。急速に進む高齢化社会の中で、言語や聴覚、摂食の障害に悩まされるお年寄りが増えることが確実視されているからです。このような社会的背景の中、言語聴覚士が果たすべき役割ややりがいが増えていくことは間違いないでしょう。また、養成施設となる学校が果たす役割も大きく、国家試験に合格させることに加え、コミュニケーション能力を含めた社会人基礎力を養う点も重視されています。多くの学校では、コミュニケーションや心理学、ITなどの授業が積極的に取り入れられています。このように、言語聴覚士の学校では、専門スキルと社会人として必須となるスキルの両方を習得することができます。

Copyright © 2017 不動産業界で活躍したいなら独学で宅建の資格を取得しておこう All Rights Reserved.