小顔にしてくれる美容クリニック

オススメのクリニックは

☞ もとび美容外科クリニック BNLS 脂肪溶解注射

☞ 聖心美容クリニック ボトックス注射

☞ 湘南美容クリニック 小顔注射(BNLS)

☞ 東京美容外科 小顔えら骨切り(口外法)


これを読んでいるということは、あなたは多少なりとも顔が大きいことを悩んでおられるのでしょうね。

顔が大きい原因というのは人によってさまざまです。 ここでは顔が大きくなる原因とその対策・解消法を紹介しています。 あなたにあった解決法を選び、小顔を目指しましょう。

✔ 顔が大きいと全身のバランスが悪くて何を着ても似合わない

✔ プリクラで一歩下がっても隣の友達より顔が大きい

✔ 似合う髪型が無い、分からない

✔ プラスチックのカチューシャが拷問的痛み

✔ カレとの2ショットを見ると私のほうが明らかに顔がデカイ

✔ タートルネックが絶望的に似合わない

✔ 小顔は美人の最低条件だと言い放つ男がまわりにいる

✔ 髪型、服、つけま、でもデカ顔はごまかしようがない

✔ デカ顔は女子にとって致命傷

安室ちゃんブームの頃から「小顔」というのが女子の憧れになってきました。
「小顔にあらずんば美女にあらず」みたいな雰囲気もありますね。

小顔が良いなんて誰が決めたんだ!

そう思う気持ちは良くわかります。
でも、あなた一人が抵抗したところで「小顔=カワイイ」という価値観はもはやくつがえりません。
あなただって小顔のほうがかわいいと思っているから悩んでいるのですよね?

顔がデカイからとへこんでばかりもいられません。
顔が大きい原因と対処法を学んで小顔を目指しましょう。

ネットで検索すると大きな顔の原因として挙げられているのは「むくみ」「脂肪」がほとんどですね。
しかし一番の原因は生まれつきの骨格であることは明白です。
けれども骨格はいかんともしがたいことなので、むくみや脂肪に焦点を当てている情報が多いだけなのです。

デカ顔の原因とは?

ここではもう少し原因を掘り下げてみましょう。
デカ顔の原因として考えられるのは大きく分けて4つです。

・脂肪
・水分/むくみ
・筋肉
・骨/骨格

1. 脂肪
体に脂肪がついて太るように顔にも脂肪がつきます。
太っている人は必然的に顔も大きくなりますね。

2. むくみ
むくみの原因はリンパ液がうまく流れずに顔に溜まってしまうことです。
簡単に言ってしまえば水分が顔にとどまっている状態です。

3. 筋肉
顔の筋肉というのは普段はあまり意識されませんが、顔の場合でも体の他の部位と同じように骨の上に筋肉があり、その上に脂肪がついています。
口を動かすことが多いと当然アゴまわりの筋肉は発達します。
玄米などの堅い食べ物を日常的に食べていたりすれば噛む力が強くなり、アゴまわりの筋肉も大きくなりますね。 最近の食べ物は昔に較べると総じて柔らかくなっています。 最近の若者に小顔の人が多いのはそういう食材の変化によるものが大きいでしょう。
また、瞬発系のスポーツをしている人は体に力を入れる時に歯を食いしばることが多いのでアゴが発達する傾向にあるようです。
見落とされがちなのは「外国語」です。 英語などはちゃんと発音しようとすると日本語では使わない筋肉を使うのでちょっと顔の形が変わってきます。
海外生活が長い日本人がなんとなく純粋な日本人と感じが違うのはそのせいです。

4. 骨格
顔の大きさと言うよりも頭部そのものの大きさを決定しているのが骨です。
これは生まれつきというか先天的な要素が大きいでしょう。
ただし子供の頃に堅い食べ物を多く食べたり、歯を食いしばる機会が多かったりすると下アゴの骨が発達すると考えられています。
また、下顎骨の下顎角という部分(耳の下あたりの下アゴの端っこ)が張り出しているといわゆる「エラが張っている」ということになります。

最近は小顔というか頭部が小さい若者が増えているので、そういう人たちと自分を比べると「私は顔がデカい」と悩んでしまうかもしれません。
テレビのCMに例の狂言師親子が出ていますが、息子さんのほうは首から上がメチャクチャ小さくて、異常なほどです。 彼にくらべたらどんな人も「デカ顔」になってしまいます。 そんな人とくらべてもしょうがないので、やはりここは日本人の平均値を基準にするのが良いでしょう。 データとしては
頭部の横幅  頭部の高さ
男性平均(cm)  16.0       23.1
女性平均(cm)  15.3       21.8

測り方としてはティッシュの箱を2つ使います。
壁に背中をつけて、親しい人にこめかみのあたりをはさんでもらいましょう。
その箱の間隔を測れば「頭部の横幅」が出ます。
高さは壁に向かって立ち、頭のてっぺんとアゴの下に箱を当てます。
その間隔が「頭部の高さ」になります。
あなたのサイズが平均値より2センチ以上大きかったら、ちょっと考えたほうが良いかもしれませんね。

では原因別の対処法は?

1. 脂肪
2. むくみ
3. 筋肉
4. 骨格

1. 脂肪
ポチャ体型の人は当然ながら顔にも脂肪が付きます。 太れば太るほど顔は大きくなっていきますね。 顔の脂肪だけを落とすということは通常の方法ではできません。
真面目にダイエットやエクササイズなどで体脂肪を減らす努力をして下さい。
しかし痩せる場合は末端の部位から痩せていくと言われていますから、お腹をへこますよりも先に顔が痩せてくるはずです。
確実な結果を求めるなら美容外科に相談しましょう。
よくあるのは小顔注射(脂肪溶解注射)ですが、最近では痩身レーザーというのもあります。

小顔注射なら
↓ ↓ ↓ こちらをクリック
BNLS 脂肪溶解注射

顔の脂肪吸引なら
↓ ↓ ↓ こちらをクリック
顔

2. むくみ
むくみとは脂肪ではなく細胞と細胞の間にあるリンパ液が増えてしまった状態のことを言います。よって、顔のむくみを取るにはマッサージが有効です。
要は顔に留まったリンパ液を減らせば良いわけです。
しかし顔だけマッサージしても不十分です。 効果的にマッサージするには
顔だけでなく頭皮や首もマッサージして頭部全体のリンパの流れを良くするようにしましょう。
寝起きや寝過ぎの時にむくむのは普通ですが、慢性的にむくんでいる場合は
塩分や水分の摂りすぎの場合があります。 心当たりがある場合は利尿剤が有効です。
ラシックスという有名な利尿剤がありますが、市販されていない処方薬ですので
個人輸入代行のところに注文するのが良いでしょう。
↓ 利尿剤なら輸入代行のオオサカ堂

3. 筋肉
噛む力を産むのは咬筋という筋肉です。
耳の内側、エラの真上にあって、奥歯を噛みしめるとポコッと盛り上がる筋肉がこれです。 口を思いきり開けても硬くなりますね。 その咬筋をほぐす一番の方法は両手を両頬にあて、咬筋に力が入らない口の開き方を探りながら両手でマッサージします。
また、耳たぶをまわすと咬筋も間接的に動いてほぐれるのです。
口の中に親指を入れて外側の4本の指で頬を挟むようにして咬筋の付け根をつかみ、外側に向けて引っ張ると、よりダイレクトに咬筋の凝りをほぐすことができます。

グッズとして効果的なものはゲルマニウムローラーです。 コロコロローラーとも言いますね。 これの良いところは刺激が緩やかだということです。
指でマッサージするとついつい力が入りすぎてしまいますよね。
緩やかに顔まわりを刺激することでリンパの流れも良くなりますし、咬筋もほぐれます。
評判の良いローラーはMTG社のリファカラットです。 少々高いですが効果はバツグンです。
こちらをクリック
↓ ↓ ↓
MTG ReFa CARAT (リファカラット)【メーカー純正品[充電不要 1年保証]】フェイス&ボディ用

美容外科で行う咬筋を細くする方法としては「ボトックス注射」があります。
ボトックスは筋肉に一過性の麻痺を起させるので筋肉の動きを抑制するため筋肉がやせ細ります。
↓ ↓ ↓ こちらをクリック
美容整形のこと何でもご相談ください_アンバー

4. 骨格
整体などで「頭部は小さい骨が集まってできているから隙間がたくさんある。
その隙間を無くすように骨を整えてやれば顔は小さくなる。」と、言う人もいますが医学的にそんなことはありません。
もし整体を受けて顔が小さくなったような気がするなら、それは骨うんぬんの話ではなく施術によってむくみが取れただけのことでしょう。 骨の構造を変える方法は外科的手術以外にありません。
上でも書きましたがエラというのは下顎骨の下顎角という部分のことで、美容外科でそこの骨を削ってもらえば驚くほどに印象が変わります。
しかしエラ削りは施術前に担当のお医者さんと入念な打ち合わせが必要です。
女優の栗〇千明なんてエラが無くなったら普通の何の特徴もない芸能人に成り下がってしまいました。 削れば良いというものではないのです。
今はエラを無くしたいという気持ちで頭がいっぱいかもしれませんが、どれくらい削るのかは慎重に決めて下さい。

湘南美容クリニック ↓ ↓  こちらをクリック
小顔注射(BNLS neo)1
↑ のサイトで「小顔整形」と入力して検索してください。

東京美容外科 ↓ ↓  こちらをクリック
サイトトップ
まとめ
一口にデカ顔と言ってもいろいろな原因があります。 まずはあなたの顔が大きい原因を特定し、それを克服するためのアクションを取りましょう。

いずれの原因にしても美容外科に行けばほとんど解決します。
予算に余裕があるならば迷わず美容クリニックをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です